YOLOで物体検出とポーズ推定

2024-01-16 日本語 raspi python /posts/2024/2024-01-16-detect-pose-with-yolo.png

先日、Tensorflowが動いたー!って喜んでたのも束の間。Yoloがすごく使いやすくなってるんですね。。(解析済みの画像を出力するだけなら)たったこれだけ。

from ultralytics import YOLO

if __name__ == '__main__':
    model = YOLO('yolov8n.pt')
    model.predict('cat1.jpg', save=True, conf=0.5)

ポーズ推定をする場合は、モデル名にyolov8n-pose.ptを指定します。

aptのパッケージは見つからなかったので、RaspberryPiで使用する場合は、venvを使います。RaspberryPi4で上記を実行すると大体15秒前後でした。

./venv/bin/pip3 install ultralytics
./venv/bin/python3 find-cats-yolo.py