某社長のお金贈りプロジェクト。「どうせ利益対策と宣伝目的だよ」みたいな冷ややかな反応もあるみたいですが、自分は応援したいと思っている取組みです。

というのも、自分自身、学生時代に非常に貧乏で親からの仕送りはなく奨学金にだけ頼って暮らしてきたからです。 日本育英会のように返済義務のあるものも借りましたが、一番大きく助かったのは、無料で提供された「寮」です。 これがなければ、大学時代を生き延びられなかった、或いは全く違う人生歩むことになっていたと思います。

「施しを受けるなんてみっともない」「やるべきことが他にあるだろう」と言ってくる大人も居るはず。 それが的を得ているかどうかを正確に判断できるのは、自分自身しかいません。 今がどうしても苦しければ、チャンスを狙いにいくべきです。