Big Surにアップデートした影響かXcodeのバージョンアップに依るものか区別できていないのですが、さっそくjekyllコマンドが動かなくなってしまいました。ちょうどよい機会だったので、brew(とrbenv)を使ってrubyをアップデートしてしまい、bundle updateを実行して再びjekyllコマンドを使えるようにしてしまいました。

ただ、これはたまたま私がrailsなどでも使うことでbundlerやgemの仕組みを理解できていたからこそで、普通に静的サイトのジェネレータとして使ってる方には、なかなかしんどいイベントのような気がします。

なるほど、hugoが流行り始めているのはこういう理由もあるのかな、と感じました。私の場合は、その他の細々した作業をrake(Ruby)でやっつけることが多いので、Rubyで統一感があるのが嬉しかったりして、もうしばらくそのまま使い続けると思います。

しかし、さっそく_postsのファイルがこのまま増えてくと、どうなのかな、とちょっと心配になりつつあります。